卵巣のう腫は卵巣の中に液体や脂肪などの異物がたまる病気のことを言います。
卵巣のう腫は良性の腫瘍であり、卵巣にできる腫瘍のうちおよそ8割はこの卵巣のう腫であると言われています。

卵巣はもともと腫瘍ができやすい臓器だと言われており、腫瘍ができること自体はなんら珍しいことではありません。

卵巣はもともと2~3㎝ほど(親指大)の大きさですが卵巣のう腫ができると肥大化し、場合によっては10㎝を超える大きさになることもあるようです。

卵巣は「沈黙の臓器」と言われることも多く、卵巣のう腫自体も自覚症状がほとんどない病気です。
そのため子宮ガンなど別の婦人科の定期検診でたまたま見つかった、というケースも少なくありません。

とはいえ大きさがかなり大きくなると下腹部の腫れ腰痛便秘頻尿など、見た目でも明らかに分かるだけでなくのう腫が他の臓器を圧迫することが原因で様々な症状が出てくることもあります。

卵巣のう腫の大きさは超音波検査で

卵巣のう腫であるかどうかは超音波検査をすることですぐにわかります。
超音波検査には、お腹の上から超音波をあてるものと膣内から超音波をあてるものとの2通りがあります。

中でも卵巣の状態や大きさなどがより正確に分かるのは膣から超音波を使って検査する方法であるため、この方法で検査されることが多いようです。
その他にもMRIやCT、血液検査などの検査を行い、卵巣のう腫であるかどうかを総合的に判断します。

5cmを超えるまでは経過観察

卵巣のう腫である場合は治療を行うことになりますが、基本的に5㎝に満たない卵巣のう腫や成長が遅い卵巣のう腫の場合は経過観察で様子を見ることもあります。

5㎝を超える大きさになると突然卵巣の根元がねじれてしまう「茎捻転」や破裂の可能性が出てくるため、自覚症状の有無にかかわらず手術が行われることが多いようです

茎捻転や破裂を起こすと急激な痛みが起こり、場合によっては命の危険もあるため緊急手術が行われます。
また、ある程度の大きさになった卵巣のう腫は悪性(ガン)化している可能性が否定できません。
特に40代になると悪性化するリスクが高まることが分かっており、初めの検査では良性だったからと安心はできません。

MRIやCIなどの画像診断や血液検査での腫瘍マーカー検査だけでは、腫瘍が悪性なのか良性なのかはなかなか区別しづらいことも多いため、悪性ではないことを確認するためにも手術が行われることが多くなります。
閉経が近い場合には卵巣全体を摘出する方法がとられますが、若い女性の場合は将来的に妊娠できる可能性を高めるためにもなるべく病巣のみを取り除く温存療法が優先されます。

また左右2つの卵巣を同時に摘出してしまうと女性ホルモンの分泌が急になくなりホルモンバランスが崩れてしまうため注意が必要です。

このように一口に卵巣のう腫といってもその種類や大きさ、程度は様々です。
卵巣のう腫の程度によって治療の方針も変わってきます。

また卵巣のう腫は大きくても自覚症状が全くないという人もたくさんいる病気であるため、早期発見・早期治療を行うためには定期的に検診を行い卵巣に異常がないかどうかを常にチェックしておくことがとても大切だと言えます。