手術や薬を頼らずに治療したい方へ

子宮筋腫や子宮内膜症を、薬を頼らずに治療したいと考えている方におすすめの情報です。
↓ ↓ ↓
子宮の病気は薬でもなかなか治らず、手術をしても再発することが多いと言われています。
しかし、きちんと自分の治癒力を高め、免疫力を高めれば自宅でも改善することができるのです。

私自信も子宮筋腫、激しい生理痛に悩まされていましたが、たった1か月で痛みが引き、子宮全摘出するしかないとまで言われていたのに子宮筋腫がほぼなくなり、妊娠までできたんです。生理の時も薬がなくても普通に生活できるようになり、本当にびっくりしました。

◆子宮筋腫・子宮内膜症・卵巣のう腫・子宮腺筋症を自宅で改善!!◆10年間苦しんできた生理痛が10日であっさり痛みがでなくなった魔法の方法

卵巣のう腫、手術しても再発することはあるの?

卵巣のう腫は卵巣にできる腫瘍のことであり、良性であることがほとんどです

そのため卵巣のう腫があっても初期段階や卵巣のう腫の大きさが小さいうちは、定期的や検診などで経過観察をするにとどまることが多いようです。

しかし大きくなればいくら良性でも手術をして腫瘍を取り除く必要がありますが、「一度手術をしたら再発の可能性はないのか?」ということは誰もが不安に感じていることだと思います。
卵巣のう腫は、手術をしても再発することはあるのでしょうか?

卵巣のう腫は再発する?

もちろん卵巣自体を摘出すれば、卵巣のう腫の再発はありません。

しかしこれは両方の卵巣を摘出した場合にのみ言えることであり、通常は両方の卵巣を一度に摘出することはまずありません。

なぜなら一度に両方の卵巣を摘出してしまうと、女性ホルモンの分泌が急激に少なくなりバランスが崩れてしまうため、体への負担も大きいからです。
つまり卵巣のう腫だけを摘出した場合はもちろんのこと、片方の卵巣を卵巣ごと摘出したとしても、もう一方の卵巣にも卵巣のう腫が再発する可能性はあるということです。

どのくらいの割合で再発するのかは、卵巣のう腫の種類によっても多少違ってきます。

漿液性のう腫粘液性のう腫などの卵巣のう腫は、卵巣のう腫だけを摘出した場合10%前後で再発の可能性があると言われていますが、チョコレートのう腫に関しては30%近く再発の可能性があるとも言われています。

これは、チョコレートのう腫が子宮内膜症に起因している卵巣のう腫であるからだと考えられています。

子宮内膜症はエストロゲンという女性ホルモンの分泌と大きく関係しており、閉経しない限りこのホルモンは分泌され続けるため。なかなか完治することが難しい病気です。

そのためチョコレートのう腫を患った人の多くは、いくら手術をして卵巣のう腫を摘出しても子宮内膜症自体が治っていないことがほとんどであり、エストロゲンの分泌が活発になり子宮内膜症が悪化すれば卵巣のう腫も再発してしまうことが多くなるのです。

再発になるまでにかかる期間

卵巣のう腫の術後、どのくらいで再発してしまうのかは個人差があるものの、一般的に術後4~5年くらいで再発してしまう人が多いようです。
中にはもっと短期間で、術後2か月足らずでも再発してしまったというケースもあるようです。

特に子宮内膜症に起因するチョコレートのう腫には、短期間で再発してしまうことはよくあるようです。

また卵巣のう腫は、再発した時に悪性化して発見されることも少なくなく、たとえ手術をして卵巣のう腫を完全に取り除いたとしても定期的な検査や治療が必要になります。

チョコレートのう腫の場合には再発を防止するために、ピルを服用したり女性ホルモンの分泌を調整するといった子宮内膜症に焦点を当てた治療を行うこともよくあります。

ただし卵巣のう腫の手術後に妊娠を希望している場合にはピルの服用はできないなど、患者1人1人の希望によって治療にもいろいろな制限が出てきます。

このような場合には、ピルを服用する以外の方法で子宮内膜症の治療に取り組む必要がありますので、医師と十分相談をしながら治療方針を決めていくことが大切です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ