手術や薬を頼らずに治療したい方へ

子宮筋腫や子宮内膜症を、薬を頼らずに治療したいと考えている方におすすめの情報です。
↓ ↓ ↓
子宮の病気は薬でもなかなか治らず、手術をしても再発することが多いと言われています。
しかし、きちんと自分の治癒力を高め、免疫力を高めれば自宅でも改善することができるのです。

私自信も子宮筋腫、激しい生理痛に悩まされていましたが、たった1か月で痛みが引き、子宮全摘出するしかないとまで言われていたのに子宮筋腫がほぼなくなり、妊娠までできたんです。生理の時も薬がなくても普通に生活できるようになり、本当にびっくりしました。

◆子宮筋腫・子宮内膜症・卵巣のう腫・子宮腺筋症を自宅で改善!!◆10年間苦しんできた生理痛が10日であっさり痛みがでなくなった魔法の方法

卵巣のう腫の原因とは?

卵巣のう腫は、卵巣の中に脂肪分や液体が溜まった腫瘍ができる病気のことであり、卵巣腫瘍の1つに位置付けられています。
腫瘍と聞くと、なんとなく悪性というイメージもあるかと思いますが、卵巣腫瘍とはあくまで卵巣の腫れの総称であり、大きく次の3つに分けることができます。

  1. 卵巣がん:悪性の腫瘍のこと
  2. 卵巣のう腫:ほとんどが良性である腫瘍のこと
  3. 境界性悪性腫瘍:悪性と良性の間の性質を持った腫瘍のこと

卵巣腫瘍はたくさんの種類があるため、発生する原因を1つに特定することは難しく、卵巣のう腫についても同じことが言えます。

例えば、卵巣のう腫の中でも発生頻度の高い皮様性のう腫は、別名胚細胞腫瘍とも呼ばれ、胎児が発生する段階の細胞が何らかの原因で卵巣内に腫瘍となって作られたものです。
この細胞が作られる原因はいまだわかっておらず、女性である限りは誰にでもかかる可能性があると言えます。

その他卵巣内に血液が溜まることで起こる「チョコレートのう腫」については、子宮内膜症が原因で起こるということが明らかになっています。
子宮内膜症により卵巣に増殖してしまった子宮内膜が、生理のたびにうまく排出されず卵巣内に古い血液として溜まることが原因で起こるというわけです。

卵巣は沈黙の臓器とも言われるように、かなり病状が進行してからでなければ病変を起こしてもなかなか自覚症状がありません。
しかし超音波検査やMRIなどの画像検査を受けることで、卵巣腫瘍かどうかは容易に診断ができます。
ただし卵巣の大きさは生理周期によって変化するため、一度検査をして卵巣に腫れが見つかったからと言って、必ずしも卵巣腫瘍であるとは限りません。

また腫瘍の大きさだけでなく、大きくなるスピードも定期的な検査で確認しておくことは大切です。

どんどん腫瘍が大きくなる場合は悪性の腫瘍である可能性も高いため、注意が必要です。

腫瘍が悪性である可能性が高ければ、腫瘍マーカーやCT、胃カメラなどその他の精密検査も並行して行う場合があります。
腫瘍が悪性が良性かというのは、直接卵巣のう腫を取り出して病理検査をし、細胞を顕微鏡で見てみない限りは断定することはできません

すなわち、画像や腫瘍マーカーの値からは「悪性の可能性がどのくらいあるのか」が分かるだけであり、単なる予測にすぎないというわけなのです。
超音波検査やMRIを行ったうえで明らかに良性腫瘍のみえ方であり、腫瘍マーカーの値も低い場合には、しばらく様子を見るというケースが大半です。

反対に腫瘍マーカーの値が高いなど悪性腫瘍の可能性がある場合には、なるべく早い段階で手術をするよう勧められることが多いようです。
そのため、超音波検査で卵巣の腫れがみられた場合には、悪性の可能性の有無や考えられる腫瘍の種類、手術の必要性などについて医師にしっかりと確認しておくことが大切です。

このようにチョコレートのう腫以外の卵巣のう腫については、はっきりとした発生原因は分かっていません
しかし最近ではストレスによる交感神経の緊張や冷えなども原因の1つではないかと考えられています。
そのため適度の運動や規則正しい生活を心掛けることで、卵巣のう腫の原因を取り除くことができる可能性はあると言えます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ