子宮内膜症は20代~30代の出産経験のない女性に多い病気だと言われています。
20~30代は一般的に妊娠・出産する可能性が高い時期でもあり、その時期に子宮内膜症にかかることで妊娠できなくなるのではと心配する人も少なくないと思います。

子宮内膜症でも妊娠できる

子宮内膜症は女性ホルモンの一種であるエストロゲンの分泌と非常に密接な関係があります。

エストロゲンは妊娠に備えて子宮内膜を増殖させ、受精卵が着床しなければ排卵させ子宮内膜を体外に排出するという月経周期をコントロールしている女性ホルモンの1つです。
子宮内膜症は、この子宮内膜と似た組織がエストロゲンの働きにより子宮以外の場所で増殖しては剥離するということを繰り返す病気です。
そのため閉経後や妊娠・授乳期にはエストロゲンの分泌が停止するため、特別な治療をしなくても妊娠や出産を機に自然と子宮内膜症が改善するということもよくあります
つまり、子宮内膜症であれば妊娠できないというわけではなく、妊娠できる可能性は十分にあると言えます。

しかし子宮内膜症というのは子宮が炎症を起こしている状態であり、そのような状態では健康な子宮に比べると妊娠しにくいことは言うまでもありません。
実際に不妊で悩んでいる女性の半数近くは子宮内膜症を起こしているとも言われており、子宮内膜症が妊娠しづらくなる1つの要因であることは確かだと言えます。
そのため子宮内膜症があり、かつ妊娠・出産を希望する場合には、不妊治療よりもまずは子宮内膜症を改善する治療を行うことが大切です。

子宮内膜症になると妊娠しにくくなる理由

子宮内膜症を起こすと妊娠しにくくなる理由には、炎症や癒着によって排卵がしにくくなったり卵子の質が低下したり卵管の通りが悪くなるといったことが挙げられます。
子宮内膜症を起こしているかどうかは腹腔鏡検査や超音波検査で診断することができます。

しかしたとえ子宮内膜症であることが分かったとしても、子宮内膜症が起こる原因がはっきりとはわかっていないため、完治することはなかなか難しいようです
子宮内膜症による月経痛が強い場合には薬を用いて月経をしばらくとめるという薬物療法を行いますが、当然その間妊娠することはできなくなります。
しかし月経が止まることで子宮内膜症が緩和されれば、長い目で見てそれだけ妊娠はしやすくなります。

子宮内膜症は必ずしも不妊の原因とはならないため、特に軽度の子宮内膜症であれば自然妊娠する可能性は十分にあります
そのため軽度の場合には薬や手術と言った治療を行う前に、まずはタイミング指導を行い自然妊娠を目指すことができます。
それでもなかなか妊娠できない場合には、腹腔鏡手術を行い病変している部位を焼いたり癒着を剥がすことで、自然妊娠を目指すという選択肢もあるでしょう。

子宮内膜症の悪化を防ぐには

また子宮内膜症の悪化を防ぎ影響を軽くするためには、生活習慣を見直すなど自分自身で体をケアしていくことも大切です。
例えば月経サイクルの乱れは子宮内膜症を発症させる大きな要因となるため、規則正しい生活リズムを心掛け正常な月経サイクルを保つよう努力することが大切です。

また、食生活の乱れも子宮内膜症を引き起こす要因になると言われています。
野菜や果物を多く摂取する女性ほど子宮内膜症にはなりにくいというデータや、大豆食品や食物繊維は過剰なエストロゲンの影響を軽減してくれる働きを持つこともわかっています。
こうした食品を積極的に摂取することで子宮内膜症になるリスクを減らすことも大切です。
適度な運動も子宮内膜症の発症リスクを低くしてくれることもわかっています。

子宮内膜症があっても普通に妊娠して出産する女性はたくさんいます。
その一方で子宮内膜症による痛みやその影響から、なかなか妊娠できずどのような治療をしてよいのかわからないという人も少なくありません。
つまり子宮内膜症は妊娠や出産を希望する女性にとってはなかなか一筋縄ではいかない難しい病気であり、対処を間違えれば不妊になってしまう可能性も十分有り得る恐ろしい病気なのです。
のちのち後悔しないためには、自分自身で生活習慣を改善する努力と専門の医師による正しい診断と治療を受けることがとても大切なのです。