子宮内膜症はそれ自体命の危険がある病気ではありません。

しかし放置していると、不妊症の原因になったり時に悪性化してガンに変異することもあるため注意が必要です。

子宮内膜症と診断されたら、どのような治療方法にしろ治療を受けることは必須です。
なぜなら子宮内膜症は女性ホルモンが分泌され月経がある間は進行し続ける病気であり、放っておけば悪化することが避けられない病気であるからです。

手術療法と薬物療法

治療方法には大きく分けると手術療法薬物療法の2通りがありますが、どの治療法を選択するかは子宮内膜症の程度はもちろんですがその人のライフプランによって違います。

例えば今すぐに妊娠を希望しているという段階で子宮内膜症が見つかった場合、まずは手術を行って子宮内膜症を改善させることになります。
そのうえで子宮内膜症は再発しやすいため、術後なるべく早く妊娠できるよう計画的に治療を進めていきます。

薬物療法には偽閉経療法や低用量ピル療法、黄体ホルモン療法といった種類があり、同じ薬物療法でもその内容は異なります。

偽閉経療法

まず偽閉経療法についてですが、これは薬によって女性ホルモンの働きを抑制し閉経状態を作るという方法です。
子宮内膜症は女性ホルモンの働きに深く関係しているため、女性ホルモンが少なくなれば月経も止まり当然月経痛や月経過多の症状もおさまってきます。

しかし閉経状態になるため、のぼせほてり発汗などの更年期症状が現れるほか、骨密度が低下するといった副作用が起こるため、最長でも半年しか継続して治療を行うことはできません
そのため閉経間近である、もしくは手術の前に少し病変を少し改善させるといった目的で行われることが多いようです。

低用量ピル療法

低用量ピル療法は、避妊薬としても使われる低用量ピルを継続的に服用するという治療法です。
副作用が少ないため、長期間にわたって安心して服用することができます。
低用量ピルを服用することで月経量が減り月経痛も軽くなるため、子宮内膜症の進行を遅らせることができます。

黄体ホルモン療法

黄体ホルモン療法は黄体ホルモンというホルモンだけを飲み続けるという治療法であり、偽閉経療法と同様に卵巣から分泌される女性ホルモンを抑制する作用があります。
ただし偽閉経療法のように完全に女性ホルモンを抑えるというわけではなく女性ホルモンの量を微量にするというものなので、偽閉経療法に起こるような副作用は全くありません。

おすすめは低用量ピル療法だけど…

このように薬物療法にはいくつかの種類がありますが、中でも一番体にとって副作用が少ないのは低用量ピルによる薬物療法です。
しかしその分効果も弱く、チョコレート嚢胞の大きさを小さくするなどの効果は期待できません。
あくまで月経痛や月経過多など月経に伴う症状を改善する目的で用いられることが多いようです。

また副作用が少ないとはいえ、人によっては吐き気不正出血などの副作用が現れることもあります。

また喫煙をしていたり脳梗塞などの病気を患ったことのある人は服用ができないという制限もあります。

そして当然ながら服用をしている間妊娠はできませんし、服用をやめてしまうと再び症状が悪化してしまうことも良くあります。

そのため自分にとってベストな治療法はどのようなものなのか、医師と十分に相談をしたうえで治療に取り組むことが大切です。