手術や薬を頼らずに治療したい方へ

子宮筋腫や子宮内膜症を、薬を頼らずに治療したいと考えている方におすすめの情報です。
↓ ↓ ↓
子宮の病気は薬でもなかなか治らず、手術をしても再発することが多いと言われています。
しかし、きちんと自分の治癒力を高め、免疫力を高めれば自宅でも改善することができるのです。

私自信も子宮筋腫、激しい生理痛に悩まされていましたが、たった1か月で痛みが引き、子宮全摘出するしかないとまで言われていたのに子宮筋腫がほぼなくなり、妊娠までできたんです。生理の時も薬がなくても普通に生活できるようになり、本当にびっくりしました。

◆子宮筋腫・子宮内膜症・卵巣のう腫・子宮腺筋症を自宅で改善!!◆10年間苦しんできた生理痛が10日であっさり痛みがでなくなった魔法の方法

子宮内膜症と手術

子宮内膜症は子宮内膜が子宮以外の場所で増殖する病気であり、激しい月経痛や月経過多など月経に伴う自覚症状が現れます。

子宮内膜症は女性ホルモンの働きによって起こるため、女性ホルモンの分泌されている間、すなわち月経のある間は放っておいても良くなることはありません

そのため子宮内膜症であると診断された場合は、何らかの治療を行う必要があります。

すぐに手術が必要な場合は少ない

子宮内膜症自体は命にかかわる病気ではないため、すぐに手術が必要というわけではありません。

しかし早急に妊娠を希望している場合や、卵巣に起こる子宮内膜症である「チョコレート嚢胞」の大きさが5㎝を超えているような場合は、まず手術が行われることが多いようです。

妊娠を希望している場合は手術をして病変を取り除いたほうが妊娠する確率は高くなりますし、チョコレート嚢胞は大きくなると破裂する危険があり、破裂してしまうと激しい痛みを伴い緊急手術が必要になってしまいます。

手術は病巣だけか、卵巣全部を取り除くか

手術では病巣部分だけを取り除く方法子宮と卵巣そのものを摘出する方法との2通りがありますが、子宮を摘出すれば子宮内膜症は完治する一方で妊娠することは不可能です。

そのため今後妊娠を希望していないという場合を除いて、子宮の全摘が行われることはありません。

しかし子宮内膜症は再発を繰り返す病気であり、病巣部分だけをとり除いても再び症状が悪化することは珍しくありません。
そのため妊娠を希望している場合は術後なるべく早く妊娠できるよう治療を進めていく必要があります。

手術は最近では腹腔鏡内手術といって、お腹に小さな穴を数か所空けるだけでよい手術が主流となっています。

お腹に小さな穴をあけるだけなので、体への負担が少なく術後の回復が早いというメリットがあります。
しかし子宮内膜症がかなり広範囲にわたっていたり、癒着が激しい状態であれば腹腔鏡内手術では対応しきれないため、開腹手術が行われます。

手術はしないで薬物療法の場合もある

子宮内膜症の症状がさほど重くなく、嚢胞があってもその大きさがあまり大きくない場合には、薬物療法で経過観察をすることもあるようです。

薬物療法にもいろいろな種類がありますが、低用量ピル黄体ホルモンの服用には副作用が少なく長期間にわたって服用ができるというメリットがあります。
ただしピルを服用した場合は当然ながら妊娠をすることはできないため、妊娠を希望している場合には服用することはできません。

また薬物療法は月経に伴う症状を緩和させたり子宮内膜症の進行を遅らせるという目的では有効ですが、あくまでそれは薬を服用している間のことであり服用を中止すれば再び元の状態に戻ってしまうことは珍しくありません。

このように子宮内膜症と診断された場合には何らかの治療が必ず必要であり、命の危険がない病気であるとはいえ、その治療法としてまず手術が行われることは良くあります。
時にはまず薬物療法を行い、その後で手術の必要がある場合もあるでしょう。

どのような順序でどの治療法を取り入れていくのかは、症状だけでなくその人のライフプランに大きく左右されます
子宮内膜症であるとわかったら、治療方針について医師とよく相談することが大切です。
妊娠や出産を経験する前の若い女性に子宮内膜症が見つかることが多くなってきた今、これはとても大切なことだと言えるでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ