手術や薬を頼らずに治療したい方へ

子宮筋腫や子宮内膜症を、薬を頼らずに治療したいと考えている方におすすめの情報です。
↓ ↓ ↓
子宮の病気は薬でもなかなか治らず、手術をしても再発することが多いと言われています。
しかし、きちんと自分の治癒力を高め、免疫力を高めれば自宅でも改善することができるのです。

私自信も子宮筋腫、激しい生理痛に悩まされていましたが、たった1か月で痛みが引き、子宮全摘出するしかないとまで言われていたのに子宮筋腫がほぼなくなり、妊娠までできたんです。生理の時も薬がなくても普通に生活できるようになり、本当にびっくりしました。

◆子宮筋腫・子宮内膜症・卵巣のう腫・子宮腺筋症を自宅で改善!!◆10年間苦しんできた生理痛が10日であっさり痛みがでなくなった魔法の方法

子宮内膜症と腰痛の関係

腰痛を抱えている人はかなりの数であり、いまは腰痛は日本人の現代病ともいわれるほどです。
むしろ腰痛を全く感じていない人のほうが少ないのではないでしょうか。

一口に腰痛といってもその原因はいろいろあります。

重たいものを持った時や無理な姿勢をとった時などに腰痛を感じることもあれば、デスクワークなど長時間同じ姿勢でいることが原因で腰痛を感じることもあります。

さらに女性の場合は女性特有の疾患が原因となり腰痛が出てくることも少なくありません。
中でも子宮内膜症に伴って起こる腰痛というのは意外に多いようです

子宮内膜症と腰痛

子宮内膜症とは子宮内膜が子宮以外の場所で増殖する病気のことであり、近年若い女性の間で急増している婦人科系疾患の1つです。

子宮内膜症が原因となって起こっている腰痛の場合、通常の腰痛とは違って腰の筋肉疲労によるものではありません。

そのためストレッチやエクササイズなどでは腰痛を緩和することができないため、早めに婦人科を受診し子宮内膜症の治療を行う必要があります。

とはいえ腰痛があるからといって、すぐに子宮内膜症と結びつけて考えることはなかなか難しいものです。
「そのうち治るだろう」と思って放置しているうちに子宮内膜症が重症化してしまうことも十分考えられます。

子宮内膜症による腰痛であるかを自分で判断するのは難しいと思いますが、腰痛があった時には子宮内膜症もまず疑ってかかり婦人科を受診するという選択をすることが大切です。

子宮内膜症の腰痛かどうかチェックするには

子宮内膜症に伴って起こる腰痛かどうかをチェックするには次のようなポイントがあります。

Point1.横になると楽になるか

まず第1に、横になってみて腰痛の症状が改善されるかどうかということです。

筋肉疲労による腰痛であれば横になった時に痛みが楽になりますが、子宮内膜症に起因した腰痛である場合横になっても痛みの程度は変わりません

Point2.腰痛以外にも痛む場所があるか

また腰痛と同時に下腹部痛の痛みや違和感などの症状がある場合は、子宮内膜症による腰痛の可能性が高くなります。

ただしもともと筋肉疲労による腰痛もあったという人はなかなかわかりにくいかもしれません。
子宮内膜症による腰痛と筋肉疲労による腰痛とが同時に起こっていることもあるからです。

そのためたとえ普段から腰痛がある人でも、激しい月経痛があるもしくは月経痛がだんだんひどくなっているとか、下腹部の痛みや不正出血がある月経量が増えてきた排便痛や性交痛があるといった症状が同時におこっている場合は、子宮内膜症に伴う腰痛である可能性が高いためなるべく早く婦人科を受診することをお勧めします。

子宮内膜症かな?と思ったら早めの受診を

月経に関する悩みは「いつものことだから」と我慢してしまう人も少なくないと思いますが、受診が遅れるとその分治療も遅れ取り返しのつかない状態になってしまうこともあります。

特に子宮内膜症は症状が悪化して炎症がひどくなり癒着が進んでくると、腰痛をはじめとした痛みの症状が強くなると言われていますので、早めの受診が必要だと言えます。

さらに腰痛は子宮など婦人科系の疾患だけでなく他の内臓の疾患が原因で起こることも少なくありません。

安静にしても治まらないような腰痛が続くようであれば、婦人科での受診はもちろんのこと内科など別の科でも診てもらうことが大切です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ