子宮内膜症は近年特に20~30代の女性に多くみられる子宮の病気であり、女性ホルモンが大きく関係しています。
通常子宮内膜は周期的に増殖・出血を繰り返し、その血液は体外に排出されます。

しかし血液の排出が滞り体内に残ってしまうことで、炎症や他の組織との癒着を起こしてしまうというのがこの子宮内膜症です。
軽度であれば妊娠や出産ももちろん可能です。

しかし放置して症状が改善することは少なく、悪化すれば日常生活に支障をきたすほどの激しい痛みを感じたり不妊を引き起こし、最終的には子宮や卵巣を摘出しなくてはならなくなることもある恐ろしい病気です。
そのため子宮内膜症を悪化させないということはとても重要です。

子宮内膜症になってしまった場合、その症状に応じて薬物療法や手術などの治療が行われます。
薬物療法の中でも西洋薬による治療は、生理を止めて痛みを軽減するといった鎮痛剤的な効果を得るために行われるため、即効性もあります。
しかし根本的な治療ではないため、再発する可能性は高いようです。

また薬を用いてホルモンの分泌量を調整するため、体への負担も少ないとは言えません。

これは病変した部位を摘出する手術についても同じことが言えると思います。
子宮内膜症というのは体質に大きく左右される病気であり、病変した部位を取り除いたとしても再発する可能性がかなり高いとされています。

つまり西洋薬による薬物療法や病変のみを摘出する手術というのは、あくまでも対症療法だということです。
これに対し漢方薬を用いた薬物療法は、子宮内膜症自体を治すというよりも体質改善を目的としたものであるため即効性はあまり期待できません。

しかし根本から体質を改善していくため、今起こっている痛みなどの症状を軽減できるだけでなく、子宮内膜症自体の再発を防ぐ効果も期待できます。

また他の治療法と並行して行うことで、妊娠率を高める効果もあるとされています。
漢方薬は個々体質や体調などを総合的に判断した上で処方されるため、同じ子宮内膜症の患者であっても全く同じ漢方薬が処方されるということはあまりありません。
このように自分の体質に合った薬を服用するため、西洋薬に比べるとはるかに薬の副作用が少なく、安心して服用を続けることができます。

子宮内膜症に効果のある漢方薬としては、芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)や桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)、当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)、桃核承気湯(とうかくじょうきとう)、温経湯(うんけいとう)といったものがよく知られています。

こうした様々な漢方薬の中で、どの漢方薬が自分の子宮内膜症を改善するうえで効果があるのかを自分で見つけることはなかなか難しいと思います。
また同じ漢方薬を服用しても、その成分の配合割合によっても効果の出方は違ってきます。
そのため自己判断で服用するのではなく、医師や薬剤師とよく相談をしたうえで処方してもらうことが大切です。

特に若い女性の場合は、子宮内膜症に苦しみながらも妊娠や出産を考えている人も多いはずです。
そのような人たちにとって漢方による薬物療法は、子宮内膜症に伴う症状を改善し再発を防ぐためにとても効果的な治療法だと言えるでしょう。