健康な成人女性であれば通常毎月1回は生理が訪れるものですが、この時に生理痛を感じる人も少なくないと思います。
生理痛は毎月のように感じる痛みですから、「またきたな」という程度に思ってしまいがちです。

しかし生理痛がだんだん激しくなってきた、もしくは月経量が増えてきたなどの自覚がある場合は要注意です。
もしかしたら子宮内膜症になっているかもしれません。

子宮内膜症とは、本来子宮にだけできる子宮内膜が子宮以外の場所でも増殖してしまうという病気であり、成人した女性であればだれでもかかりうる病気です。

最近では特に20~30代の若い女性に多く見られるようになり、「若いからまだ大丈夫」とか「まさか私がかかるなんて」などと他人事のように安心してはいられないと言えます。

子宮内膜症を引き起こすはっきりとした原因は明らかになっていませんが、その背景には少子化や晩婚化に加えて月経がはじまる年齢が早くなったことから生涯における月経量が増加していることも関係している言われています。

そして子宮内膜症自体は女性ホルモンの1種であるエストロゲンの働きが大きく関係していることも分かっています。
子宮内膜症自体は悪性ではなく命の危険があるというわけではありません。
しかし放置しておくとのちのち不妊症につながったり、激しい生理痛により日常生活が困難になる場合もあります。

「もしかしたら子宮内膜症かも・・・」と不安に感じている人は、一度次の項目に当てはまるかどうかをチェックしてみましょう。

子宮内膜症セルフチェック

  1. 薬を飲まなければ我慢できないほどの激しい生理痛がある
  2. 昔に比べて鎮痛薬を服用する回数が多くなった
  3. 腰痛がある
  4. 排便時に下腹部に痛みを感じる
  5. 便秘がち
  6. 生理が終わった後でも下腹部に痛みを感じることがある
  7. 生理の特にレバー状の血の塊が出る
  8. 性交痛がある
  9. 生理になると下痢をすることが多い
  10. 下腹部にしこりのようなものがある

いかがでしょうか?
これらの項目のうち、5つ以上該当しているという場合は子宮内膜症である可能性が非常に高くなると言われています。
たとえ5つ以上該当していなくても安心はできません
1つでも該当する項目があれば子宮内膜症である可能性は否定できないため、なるべく早く婦人科を受診することをおすすめします。
その他にも結婚後なかなか妊娠しない、生理の時に吐き気やめまいがするなどの症状がある場合も子宮内膜症が疑われます。

不安であればすぐに婦人科を受診しましょう

子宮内膜症は一度患ってしまうと完治するのはなかなか難しい病気だと言われています。
それは、症状が悪化して手術をしたとしても、女性ホルモンが分泌されている限りは再び悪化する可能性があるからです。

また子宮内膜症は生理のたびに悪化していく病気であり、先延ばしにしていても自然に良くなることは決してありません。
これから妊娠や出産を控えている若い女性がかかることが増えている今、早期に発見をして早期に治療に取り組むことがとても大切だと言えるでしょう。

早期に治療をすればそれだけ改善し、病気と上手く付き合っていくことができます。
妊娠の希望の有無や妊娠を希望する時期など、ライフプランによって治療の方針は様々です。
医師と十分相談をしたうえで自分に合った治療をしていきましょう。