近年特に20~30代の若い女性に急増していると言われる子宮内膜症ですが、その原因はどこにあるのでしょうか。

実は子宮内膜症のはっきりとした原因はまだ明らかになっていません
子宮内膜症の原因としていくつか仮説がありますが、中でも一番有力だと言われているのが「子宮内膜移植説」です。

本来は生理が起こると、血液は下に流れ落ちて膣から体外に排出されます。
しかしこの生理時の出血が卵管からお腹の中に逆流してしまい、そのまま排出されることなく留まってしまうことが子宮内膜症の原因だというのが「子宮内膜移植説」です。

中でも卵巣にこの血液が溜まってしまう子宮内膜症は「チョコレート嚢胞」と呼ばれ、しばしば破裂して激しい痛みを起こしたり急性虫垂炎として緊急手術をしているときに発見されることも少なくありません。

その他子宮内膜症の原因とされる主な説としては、腹膜が何らかの原因で子宮内膜に変化して子宮内膜症になるという「体腔上皮化生説」という説もありますが、どちらの説も確定されるには至っていません。

子宮内膜症を引き起こす原因は明らかではないものの、近年子宮内膜症を訴える人が急増している要因としては、女性が一生の間に経験する生理の回数が昔に比べて増えていることが挙げられます。

女性が閉経する年齢というのはいつの時代もさほど変化はありません。
しかし初めて生理を迎える年齢というのは、栄養が豊富になったことなどから昔に比べると早くなってきており、そのぶん生理のある期間が長くなってきているのです。

更に昔に比べて女性も晩婚化が進み、出産する回数自体も少なくなってきていることもこれに拍車をかけています。
最近では、一生涯子どもを持たないと決めて夫婦生活を送っている人も珍しくなくなりました。

昔の女性は生理を迎えて間もなく結婚し、その後は妊娠と出産を何度も繰り返すというのが当たり前でした。
そのため多い女性では10回以上も妊娠・出産を繰り返している人も珍しくなく、その分生理を迎える回数も少なく生理がない期間も長かったというわけです。

子宮内膜症は生理の回数を重ねるごとに症状が悪化するという特徴があるため、生理の回数が少なかった昔は必然的に子宮内膜症になりにくかったと言えます。
こうした理由以外にも日常生活のストレス偏った栄養バランスなどが影響し、現代の女性は子宮内膜症を引き起こすリスクがかなり高いのです。

確かにいろいろなライフスタイルを選ぶことができるということは現代女性にとってよい事であり、こうしたライフスタイルの変化自体は否定すべきことではありません。

しかし生理の回数が増え、妊娠や出産の回数が減るということは、それだけ子宮内膜症を起こすリスクが高まるのだということを、常に頭に入れておかなくてはいけません。

だからといってすべての女性が子宮内膜症にかかるというわけではないですし、子宮内膜症は自己管理をすることで十分悪化を防いだり予防することができる病気です。

そのため子宮内膜症にかからない、もしくはなってしまったとしてもそれを悪化させないためには、規則正しい生活習慣を身につけホルモンバランスを崩さないよう自己管理をすることがとても大切だと言えます。