手術や薬を頼らずに治療したい方へ

子宮筋腫や子宮内膜症を、薬を頼らずに治療したいと考えている方におすすめの情報です。
↓ ↓ ↓
子宮の病気は薬でもなかなか治らず、手術をしても再発することが多いと言われています。
しかし、きちんと自分の治癒力を高め、免疫力を高めれば自宅でも改善することができるのです。

私自信も子宮筋腫、激しい生理痛に悩まされていましたが、たった1か月で痛みが引き、子宮全摘出するしかないとまで言われていたのに子宮筋腫がほぼなくなり、妊娠までできたんです。生理の時も薬がなくても普通に生活できるようになり、本当にびっくりしました。

◆子宮筋腫・子宮内膜症・卵巣のう腫・子宮腺筋症を自宅で改善!!◆10年間苦しんできた生理痛が10日であっさり痛みがでなくなった魔法の方法

子宮筋腫の治療方法にはどのようなものがあるの?

「子宮筋腫」は、成人した女性の方なら誰もが知っている病気だと思います。
子宮筋腫とは、子宮の筋肉に発生する良性の腫瘍のことです。

筋腫の発育が比較的ゆっくりであるため正確な発生頻度はわかりませんが、40歳代の女性の5人に1人程度の割合で発生するとも言われています。
子宮筋腫ができるはっきりとした原因はまだ解明されていないものの、筋腫の発育にはエストロゲンという女性ホルモンが大きく影響しているようです。

症状としては月経量の増加月経痛が主に挙げられますが、筋腫のできる場所によって症状も変わってきます。
また、筋腫の大きさと症状の強さもあまり関係がないため、自覚症状がさほどないまま筋腫が大きくなってしまうこともあります。

子宮筋腫は良性の腫瘍であるため、すぐに手術で取り除く必要はありません。

しかし若い女性の場合、子宮筋腫が原因で不妊となったり流産しやすくなるといったリスクも大きくなります。
中には「閉経後は生理もなくなりホルモンの影響が少なくなるため、筋腫が小さくなる」と思っている人もいるようですが、それは間違いです。
時として子宮筋腫が悪性の腫瘍に変性することもあり、閉経後に子宮筋腫のがんとして見つかることも少なくないのです。
そのため閉経後でも筋腫が急に大きくなったり自覚症状がひどくなった場合には、必ず検査を受ける必要があります。

治療法ですが、子宮筋腫があってもさほど症状が強くなく、かつ筋腫の大きさが手の拳よりも小さい場合には、一般的には慎重な定期検診を行うことで十分だと言われています。
ただしその場合には、合わせて子宮がんの検査や卵巣の大きさの検査などを十分に婦人科で受けることが望ましいでしょう。
その他の治療法としては、手術もしくは薬物療法があります。

手術といっても子宮をすべて摘出するもの筋腫だけを摘出するものの2通りがあります。

将来的に妊娠を希望している場合には筋腫だけを摘出する手術を行いますが、手術の際出血量が多くなったり筋腫を全て取り除くのは難しいなどの難点もあります。

薬物療法では、薬を使って閉経状態にしてしまう治療を行います。

手術のほどのリスクはないものの、薬を使用することで女性ホルモンの分泌が減少し、更年期のような症状が出ることが多く、最長でも継続して半年しか治療できません。

治療により筋腫の大きさは小さくなりますが、治療をやめると再び元の大きさに戻ってしまいます。
そのためこうした薬物療法は、手術前の一時的な治療として行われるか、閉経に至るまでの一時的な治療として行われることがほとんどのようです。

もう1つの薬物療法として、経口避妊薬であるピルがあります。
最近のピルは女性ホルモンの量も少ないため、筋腫が大きくなることを防ぎ症状も楽にしてくれます。
また先で述べた薬物療法のような更年期症状もありません。
しかしいつまで続けるのかが大きな問題となります

その他にも最近では超音波を使って筋腫を小さくする治療法や子宮に栄養を送っている血管を閉じてしまう治療法などもありますが、これらの治療法は保険適応ではないうえに行っている病院も限られているため、なかなか治療を向けることは難しいようです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ