筋腫の多くは、実は症状があまりなく、子宮筋腫の症状で病院に行くというよりも、子宮がんの検査や妊娠検査時にたまたま見つかったりすることがほとんどなんです。
かく言う私も、妊娠の時の検査で初めて気が付きました。
ただ症状がまったくないわけではありません。
子宮筋腫になると、以下のような症状がよく見られます。

子宮筋腫の主な症状

経血の増加とそれに伴う貧血

経血の量というのは人それぞれですが、子宮筋腫になるとだいたい経血の量が増えます。また、サラサラの経血ではなく、ドロっとしたレバーのような塊が出てきた時は要注意です。
経血の量が増えることで貧血も招くことが多いので、「経血の量が増えた」「生理痛が重い」「貧血気味」という方は要注意です。

経血が増える理由

経血が増える理由はいくつか考えられますが、1つは筋腫ができることで子宮が大きくなり、その分経血が増えるということです。他には筋腫があると子宮が緊張状態になるので、血の流れが早くなり、その分出血が増える、ということです。
または、生理の時は子宮の筋肉が縮むことで出血が止まりますが、筋腫があることで筋肉の収縮がまばらになり、緩んでいる箇所からの出血が長引く、ということも考えられます。

筋腫による膀胱や腸の圧迫

筋腫ができると、すぐ近くにある膀胱が圧迫され、膀胱炎のように頻尿になります。膀胱ではなく、腸が圧迫されると便秘になりますが、これは普段便秘がちの方は気が付きにくい症状ですね。。。また出来どころが悪く、骨盤の神経や血管が圧迫されると腰痛となったりします。

不正出血、生理の延長

子宮筋腫の原因はハッキリとしていませんが、ホルモンバランスの乱れという説が最も有力です。そのため、子宮筋腫だからというよりは、ホルモンバランスの乱れに伴い、生理でない時に出血したり、オリモノが増えたり、生理が長引いたりすることがあります。
こちらは子宮筋腫の症状ではないですが、目安の1つとして考えて頂ければと思います。

子宮筋腫を大きくしてしまう原因

子宮筋腫はもともとホルモンバランスの乱れが原因とも言われています。
そのため、最初は気にならないくらいの大きさでも、ホルモンバランスの乱れが長引いたり悪化したりすると、
筋腫も大きくなってしまいます。

筋腫が大きくなると、月経痛が増したり、出血量が増えたりし、症状が徐々に重くなっていきます。

そのため、子宮筋腫を悪化させない、再発させないためにはホルモンバランスを整えることが1番の近道なのです。

しかしホルモンバランスというのは私達が思っている以上にデリケートで、間違った方法をとると悪化したり副作用でカラダに負担をかけてしまう可能性もあります。
ホルモンバランスを整える方法は色々とありますが、正しい方法を身につけましょう。