子宮に良性の腫瘍ができる子宮筋腫は、特に近年若い女性の間で急増している病気の1つです。

良性の腫瘍であることから、腫瘍が見つかっても命に関わるわけではないためすぐに治療をする必要はなく、多くの場合まずは経過観察をするにとどまります。

しかし子宮筋腫は再発しやすい病気であり、子宮を完全に取り除かない限りはその可能性は否定できません。

若い女性の場合は将来的に妊娠や出産を考える人も多いでしょうから、なかなか子宮を摘出するという選択肢は選ぶことができないでしょう。

また若い女性で子宮筋腫が見つかったり子宮筋腫の摘出手術を受けた人の中には「セックスを控えたほうがよいのでは?」と心配する人も少なくないのではないでしょうか。

時には筋腫に不安を抱くあまり、パートナーの要求を断ってしまうこともあるかもしれません。
しかしセックスはパートナーとの大切なコミュニケーションの手段であり、それがまったくなくなってしまえばパートナーとの関係がぎくしゃくしてうまくいかなくなってしまうこともあるでしょう。
実際のところ、子宮筋腫になるとセックスは控えるべきなのでしょうか?

子宮筋腫になるとセックスをしてはダメ?

結論から言えば、子宮筋腫があってもセックス自体は何の問題もなくできます
セックスすることにより子宮筋腫が悪化するのでは?という心配もあるかもしれませんが、そういったことも全く心配はないようです。

ただし子宮筋腫ができている位置によってはセックスの際に痛みを感じることがあるようです。

そのような場合はパートナーだけでなく医師にも相談して助言を仰ぐなどして、無理のない範囲で行うことが大切です。

子宮筋腫の手術をした場合は、体の傷が治って日常生活が送れるようになっても子宮内部の縫合部分が完全に治るまでには少し時間がかかります。
そのため最低でも術後2か月以上はセックスを控えたほうが良いと言われています。

このように子宮筋腫があってもセックス自体は問題なくできますが、「相手に悪いから」「自分が我慢すればいいから」と、痛みや違和感を相手に伝えないのは良くありません。

我慢をしたままセックスをしていると、そのうちにセックス自体を敬遠するようになってしまいます。
子宮筋腫は放っておくと1年間で1~2㎝ほどは大きくなると言われていて、それによって今までは問題なくできていたセックスも痛みが出てきてうまくできなくなることもあります。

大切なことは子宮筋腫が見つかった場合経過観察をして状態を把握しておくことと、もしも筋腫が大きくなってセックスの際に痛みが出るようになった場合は無理をせずすぐに病院に行くことをパートナー自身に理解してもらうことです。

子宮筋腫の状態によってはセックスに制限が出てくることもあるかもしれませんが、それもパートナーにきちんと理解してもらうことが大切です。
子宮筋腫は女性の病気ですが、同時にパートナーである男性にとっても理解すべき重要な病気です。
子宮筋腫になってもセックスには支障がないことを理解し、そのうえで女性の体調や痛みの具合を優先し、体調は良くないときには無理をしないなど、相手を思いやることでお互いに円滑な関係を維持できるのではないでしょうか。