子宮筋腫は良性の腫瘍であるため、症状がないようであれば定期的な検診で様子を見ることが多い病気です。
そのため子宮筋腫が見つかったからといってすぐに手術をすることはまずありません。

しかし良性であってもあまりに大きくなったり腰痛頻尿便秘などの自覚症状が出てくるようであれば、手術をして取り除く方法がとられます。

手術をするほどではないもののひどい月経痛や月経量が多いといった症状がある場合には、ひとまずそれらの症状を軽減するために薬物療法が行われることがあります。

2種類の薬物療法

薬物療法には「偽閉経療法」といって、薬を使って女性ホルモンの働きを抑制し人工的に閉経の状態にさせる方法と薬で出血量を減らす方法の2通りがあります。

ただし偽閉経療法は長期にわたって行うと骨粗鬆症のリスクが高まるという理由から、最長でも半年しか継続して治療ができないことになっており、筋腫により重度の貧血があり月経をとりあえず止める必要がある、もしくは手術を前提として筋腫を小さくさせる場合にのみ行われることが多いようです。

もしくは閉経が間近である場合には行われることもあります。

一方出血量を減らす薬物療法においてはピルが使われます。
ピルはもともと避妊目的で婦人科で処方されることが多かったのですが、ホルモンバランスを整え月経周期を安定させる効果があることから最近では子宮筋腫や子宮内膜症の治療に使われることが多くなっています。

タバコを吸わない健康な女性であれば副作用がほとんどなく長期間にわたって服用することができるため、子宮筋腫による月経痛や月経過多がある場合にはその症状を軽くするのに非常に効果的です。

しかし効果には個人差があり、人によってはピルを服用してもあまり効果が現れなかったり反対に不正出血が続くこともあるようです。

そのような場合にはピルを服用したとしても最終的に手術が必要になります。

また、ピルを服用することはあくまで子宮筋腫に伴って起こる月経の症状を緩和させることが目的であり、それによって子宮筋腫自体がなくなったり小さくなることはありません
将来的に手術をする時や手術をしない時のために少しでもその症状を和らげ体に負担をかけないようにするために使われているだけです。

そのためピルを服用することにより月経痛などの症状が軽くなったからといって、子宮筋腫の状態が改善したというわけではないことを忘れてはいけません。
ピルによる治療を続けつつ、必ず経過観察を並行して行うことがとても重要です。

ピルの副作用や問題店

また少ないとはいえ、ピルを服用することで副作用もあります。
ピルを服用することで血栓症心筋梗塞を引き起こしやすくなったり、太りやすくなるなどの副作用があることも分かっています。

さらにはピルを服用したはよいものの、一体いつまで服用し続けるのかということも問題になります。
特に20代の若い女性の場合、閉経まではまだ気が遠くなるほどの年月があるだけでなく、これから先に結婚や妊娠、出産を希望する人も多いはずです。

ピルを服用していれば当然妊娠することはできませんから、その時にどうするのかがとても大きな問題になるでしょう。
ピルを使って子宮筋腫の治療を行う場合には医師とよく相談し、こうした副作用や薬に期待できる効果について十分理解し、さらには将来的な見通しについても考えたうえで治療に取り組むことが大切だと言えます。