子宮筋腫と不妊の関係

妊娠を望む女性にとって、自身の子宮が健康的かどうかは、とても気になるところですよね。
実際、妊娠というのは精子と卵子が受精し、子宮に着床して初めて「妊娠した」といえます。タイミングよく受精が成立しても、着床しなければ妊娠は成立しないのです。
そのために、子宮の形状や状態がよくないと、妊娠しにくくなります
もちろん子宮筋腫もその1つです。
子宮筋腫の手術をしたからといって必ず妊娠するわけではありませんが、子宮筋腫を治した後妊娠する人はかなり多いようです
また逆に筋腫があったからと言って絶対妊娠できないわけではありません。

妊娠中に子宮筋腫

妊娠すると女性ホルモンの分泌量が急激に増えるため、実は筋腫が大きくなりやすく、妊婦さんの100人に1〜2人は子宮筋腫を持っていると言われています。
しかし妊娠中はお腹も大きくなりますし、そのまま気が付かないで出産してしまう女性もいるので、実際はもっと多いのではと言われています。

子宮筋腫は女性ホルモンの影響によって大きくなると言われていますが、妊娠中、特に妊娠前期には急激にホルモンに変化しますので、それまで気が付かなかった筋腫に気がつく人も多いようです。

子宮筋腫が妊娠に与える影響

子宮筋腫はもともとは固い腫瘍ですが、妊娠中期になるとそのほとんどがやわらかくなり、周辺の子宮の一部となってしまいため、胎児の発育などにはほとんど影響がないと言われています

しかし、出来る場所によっては筋腫が大きくなり赤ちゃんを圧迫してしまうため、流産早産の危険もあります。
また、子宮の下の方にできてしまうと、赤ちゃんが出て来られないので帝王切開になることもあります。

担当のお医者さんに定期的に検診して診てもらいましょう。

妊娠中の筋腫摘出手術について

妊娠中に筋腫が発見された場合、胎児をお腹に残したまま摘出手術はできますが、早産や流産の可能性も出てくるので、余程のことがない限り手術は行いません
妊娠中期になると、筋腫は柔らかくなり子宮の一部となっていきますし、万が一子宮の下の方にできて大きくなり、赤ちゃんが出て来られない場合も帝王切開ができます。帝王切開が必要かどうかは、実際に陣痛が起こってから赤ちゃんがどのくらい下がってきているかによって判断されます。
筋腫がある程度大きくても、赤ちゃんの頭がしっかり下がってくれば、帝王切開はせず分娩します。

子宮筋腫のある妊婦さんの注意点

子宮筋腫があるからと言って、特別に注意しなければならないことはありません。
普通の妊婦さんが気をつけていることを、同じように気をつけていれば大丈夫です。
ただ、子宮筋腫があると流産や早産の危険性はあるので、無理して頑張ったりカラダを使うことは控えましょう

子宮筋腫があるとまれに痛みが出てくることがあります。
これは筋腫に血液がいきにくくなるためです
その際は早めにお医者さんに相談しましょう。子宮の収縮を抑え、痛みを和らげる薬や鎮痛剤を処方してくれます。

痛みがひどい場合や長引く場合は手術も必要になってきます。