手術や薬を頼らずに治療したい方へ

子宮筋腫や子宮内膜症を、薬を頼らずに治療したいと考えている方におすすめの情報です。
↓ ↓ ↓
子宮の病気は薬でもなかなか治らず、手術をしても再発することが多いと言われています。
しかし、きちんと自分の治癒力を高め、免疫力を高めれば自宅でも改善することができるのです。

私自信も子宮筋腫、激しい生理痛に悩まされていましたが、たった1か月で痛みが引き、子宮全摘出するしかないとまで言われていたのに子宮筋腫がほぼなくなり、妊娠までできたんです。生理の時も薬がなくても普通に生活できるようになり、本当にびっくりしました。

◆子宮筋腫・子宮内膜症・卵巣のう腫・子宮腺筋症を自宅で改善!!◆10年間苦しんできた生理痛が10日であっさり痛みがでなくなった魔法の方法

子宮筋腫の検査はどのような方法で行われるの?

子宮筋腫は、成人した女性であれば誰にでも起こりうる子宮の病気であり、不安に感じている人も多いはずです。

特に30~40代は好発年齢であり、かなりの数の女性が子宮筋腫を抱えていると言われています。
月経痛や月経過多などの自覚症状がある場合は婦人科で検査をすると思いますが、そういった症状がない限りはなかなか婦人科で検診を受けることも少ないと思います。

しかし子宮筋腫は筋腫があっても自覚症状がほとんどないことも少なくなく、自分で気が付かないうちにかなり大きな子宮筋腫ができていた、などという話もよくあります。
そのため、子宮筋腫があるかどうかは婦人科できちんと検査を受ける必要があります。

検査方法は病院によっても多少の違いはあるものの、まずは内診外診を行い、そのうえで超音波検査をするのが一般的です。
ここまでの検査を受ければ、子宮筋腫があるかどうかは大体わかります。

それでも子宮筋腫の有無が分かりづらい場合や子宮筋腫の症状をより詳しく調べるためには、さらに詳しい検査を追加で行います。
子宮筋腫の具体的な検査方法は次のようなものが挙げられます。

内診・外診
下腹部に手を触れて、こぶや炎症がないかどうかを調べます。
さらに膣内とお腹の上に手を当てて、子宮の形や大きさ、硬さなどを調べます。
筋腫が見つかった場合には、周囲の組織と癒着を起こしていないかどうかも調べる必要があります。

超音波検査(エコー)
超音波検査には、お腹の上から器具を使って超音波をあてる「経腹法」という方法と、膣内に器具を挿入する「経腟法」という2つの方法があります。
どちらも子宮筋腫の大きさや数、できている位置などを調べることができます。
1㎝に満たないような小さな筋腫まで見つけることが可能です。
また筋腫のタイプや卵巣の状態も詳しく調べることができます。
痛みや副作用もなく、安全な検査だと言えます。

CT検査
これは、X線を用いて体内の様子をより詳しく映し出す検査です。
超音波検査よりもさらに詳しく正確な情報が分かります。

MRI検査
MRIは磁気をつかって体の内部を画像化するという検査方法であり、超音波検査と比べるとより鮮明な画像が得られます。
子宮筋腫か子宮腺筋症かの区別がつかない場合や、子宮肉腫を識別する場合に用いられる検査です。

子宮鏡検査
これは、膣から子宮鏡を差し込み子宮内膜の状態を調べる検査です。
子宮内膜に異常がかるかどうかや、粘膜下筋腫の状態を調べる時に行われます。

子宮卵管造影
不妊の原因として子宮筋腫が疑われる場合や、粘膜下筋腫の状態を調べる時に行われる検査です。
カテーテルという細い管を使って膣から子宮に造影剤を注入し、造影剤が卵管から腹腔内に流れる様子をレントゲンで撮影します。

細胞診
膣鏡診を行う際にめん棒で子宮頚部の組織をこすり取り、ガン細胞がないかどうかを調べます。
痛みは伴わず、診察もすぐに終わります。

血液検査
ホルモンバランスの異常や貧血がないかどうかを調べます。
ここで異常がみられた場合、さらに精密検査を行います。

子宮筋腫の有無を調べるには、こうした様々な検査が行われます。
そのうえでどのような治療を行っていくのかを決めていきます。
そして何よりも大切なことは、子宮筋腫を見逃さないよう定期的に検診を受けることだと言えます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ