子宮筋腫の治療法としては経過観察のほか薬物療法や手術などがありますが、食事に気をつけるだけでもかなり筋腫の状態を改善できることはご存知でしょうか。

子宮筋腫は女性ホルモンの一種であるエストロゲンの影響を受けて成長していくことが分かっています。
つまり子宮筋腫を悪化させない、もしくは子宮筋腫を防ぐためには、エストロゲンを過剰に摂取しない食事を心掛けることが大切だと言えます。

エストロゲンは動物性脂肪から作られると言われています。
そのため肉や乳製品などの動物性脂肪を摂りすぎないことが大切です。
反対に、食物繊維や海藻類、野菜類、玄米や大豆は、過剰なエストロゲンを体外に排出しバランスを整えてくれる働きをしてくれます。

そのため子宮筋腫を予防したり悪化を防ぐうえではとても効果的な食材だと言えるでしょう。
例えば牛乳の代わりに豆乳を飲んだり、洋風中心の食事ではなく豆腐や納豆を積極的に摂取するよう和食中心の食生活をするよう心掛けてみましょう。

洋食より和食を

食生活の欧米化に伴い、和食中心の食生活が少なくなってきたことも子宮筋腫の増加に深く関係していると言われています。
昔に比べて野菜や穀物の摂取量が減る一方で、油ものや肉類、乳製品の摂取量は増加しています。
さらにはインスタント食品を摂取する機会も多くなり栄養バランスが乱れがちになっています。

特に若い女性の間で子宮筋腫が増加している原因はここにもあると言えます。
インスタント食品に含まれる添加物は体にとっては不要なものであり、過剰に摂取することでホルモンバランスが崩れてしまい、その結果子宮筋腫ができやすくなっているとも考えられています。

また生の食べものは体を冷やして血流を悪化させてしまうため子宮筋腫につながりやすいと言えます。
「冷えは万病のもと」とも言いますが、体が冷えることで子宮筋腫以外に子宮内膜症や卵巣のう腫などその他の女性疾患のリスクも高まります。

子宮筋腫を防ぐためにはなるべく温かい食べ物や飲み物を摂取して体を冷やさないように心がけることも大切です。

また砂糖も体を冷やすことで知られており、甘いものの摂りすぎも体を冷やしてしまうため避けることが大切でしょう。

すでに子宮筋腫ができている人は月経過多の症状などから貧血になっていることも少なくありません。
レバーやひじき、ほうれん草など鉄分を多く含む食品やビタミンCを積極的に摂取することも忘れないようにしましょう。

食事だけで子宮筋腫を治せるわけではない

もちろん食事だけで子宮筋腫を完全に治したり予防できる食事というのは現時点では存在しません。
しかし色々な実験からも子宮筋腫を発生させるもしくは成長させる要因は明らかになってきており、それを防ぐためにはどんなものを摂取するのが効果的であるかはある程度信頼できると思います。

体のホルモンバランスを整えることは子宮筋腫だけでなく、様々な疾患にかかるリスクを軽減してくれます

もちろんホルモンバランスの乱れは食事だけが原因ではありません。
ストレスもホルモンバランスを乱す大きな原因です。

しかし食事に気をつけるだけでもホルモンバランスを整えるうえで必ずプラスに働くはずですから、子宮筋腫を抱える人もそうでない人も、まずは一度自分の食生活を見直してみることをお勧めします。