手術や薬を頼らずに治療したい方へ

子宮筋腫や子宮内膜症を、薬を頼らずに治療したいと考えている方におすすめの情報です。
↓ ↓ ↓
子宮の病気は薬でもなかなか治らず、手術をしても再発することが多いと言われています。
しかし、きちんと自分の治癒力を高め、免疫力を高めれば自宅でも改善することができるのです。

私自信も子宮筋腫、激しい生理痛に悩まされていましたが、たった1か月で痛みが引き、子宮全摘出するしかないとまで言われていたのに子宮筋腫がほぼなくなり、妊娠までできたんです。生理の時も薬がなくても普通に生活できるようになり、本当にびっくりしました。

◆子宮筋腫・子宮内膜症・卵巣のう腫・子宮腺筋症を自宅で改善!!◆10年間苦しんできた生理痛が10日であっさり痛みがでなくなった魔法の方法

子宮筋腫の変性ってなに?

皆さんは「子宮筋腫の変性」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。

子宮筋腫という病名自体はよく知っていても、「変性」については知らない人も多いのではないでしょうか。
子宮筋腫の変性とは今ある筋腫が他の状態に変化することを言い、筋腫が大きくなるにつれて栄養不足や酸素不足が起こることで細胞が壊死するためだと言われています。

細胞が壊死するのならばそのまま筋腫も消えてなくなるのでは?と思う人もいるかもしれませんが、そうではありません。
細胞が壊死しても、そのまま体内にとどまることになります。
子宮筋腫自体は良性の腫瘍であり、よほどのことがない限りは経過観察でも問題はありません。
しかし変性した子宮筋腫は様々なリスクにつながるため、そのまま放置しておくのはよくありません。

子宮筋腫の変性の症状

子宮筋腫の変性は子宮筋腫が大きくなるとよく起こる症状であり、特別珍しいことではありません。
一口に変性と言ってもいろいろなものがあり、次のようなタイプに分けられます。

①硝子化
硝子化とは、大きくなった筋腫の内部が血行不良から栄養不足となって壊死し、その壊死した部分がガラスのように固くなった状態を言います。

②石灰化
石灰化とは筋腫にカルシウムが沈着し、石のように固くなった状態を言います。
特に閉経後の女性に多くみられる症状とされています。

③赤色変性
急激に筋腫が大きくなることで静脈が詰まり、筋腫が内出血を起こしている状態を言います。
赤褐色になることからこのような名前で呼ばれています。
妊娠中に多くみられる症状とされています。

その他にも、水や脂肪が筋腫にたまることもあるとされており、いろいろなタイプの変性が起こり得るのだということが分かります。
変性が起きる時には強い痛みを感じることも少なくなく、この痛みこそが変性を起こしている1つのサインとも言えますので、見逃さないことが大切です。
この痛みは、症状が収まると同時に落ち着くこともあれば、ずっと下腹部の痛みとして続く場合もあります。

また子宮筋腫が変性をおこすと、筋腫は細菌感染をおこしやすくなり炎症を起こすリスクも高くなります
そのためお薬による治療で改善が見込めない場合には、早めに手術を行って摘出することが望ましいと言えます。
特に妊娠中は胎児の成長に伴って子宮が大きくなることから、筋腫への血液の供給が途絶えてしまうことがよくあります。

さらに妊娠中に子宮筋腫の変性がみられた場合は、変性に伴う痛みが引き金となり子宮が収縮しやすくなってしまいます。
その結果、流産や早産、異常体位などの危険が高くなるため特に注意する必要があると言えます。
また確率としては少ないものの、時には変性した筋腫が細菌感染を起こし、その細菌が胎児に悪影響を及ぼしてしまうこともあるのです。

このように子宮筋腫の変性はよくあることとはいえ、私たちに重大な危険を及ぼす可能性も十分考えられます。
大事に至らないためにも、自分に子宮筋腫が見つかった場合には筋腫の状態を自分でよく把握しておくことが大切です。
そして定期検診を受けるのはもちろんのこと、少しでも異常を感じた時にはすぐに病院を受診し、医師の診察を受けるようにしましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ