手術や薬を頼らずに治療したい方へ

子宮筋腫や子宮内膜症を、薬を頼らずに治療したいと考えている方におすすめの情報です。
↓ ↓ ↓
子宮の病気は薬でもなかなか治らず、手術をしても再発することが多いと言われています。
しかし、きちんと自分の治癒力を高め、免疫力を高めれば自宅でも改善することができるのです。

私自信も子宮筋腫、激しい生理痛に悩まされていましたが、たった1か月で痛みが引き、子宮全摘出するしかないとまで言われていたのに子宮筋腫がほぼなくなり、妊娠までできたんです。生理の時も薬がなくても普通に生活できるようになり、本当にびっくりしました。

◆子宮筋腫・子宮内膜症・卵巣のう腫・子宮腺筋症を自宅で改善!!◆10年間苦しんできた生理痛が10日であっさり痛みがでなくなった魔法の方法

子宮筋腫と出血の関係

子宮筋腫は子宮の筋肉にできる良性の腫瘍であり、成人女性の中でも特に40代以上の女性の4人に1人は子宮筋腫を患っていると言われるほどよくある病気です。
腫瘍ができても自覚症状がほとんどないため、子宮筋腫があることに全く気付いていない人もたくさんいます。

しかし子宮筋腫ができると、一般的には月経量が増えたり月経の期間が長くなるといった月経異常が起こると言われています。

月経量が増え期間が長くなるということはその分出血量が多くなっているということであり、出血量によって大体の筋腫の状態を判断することができます。

子宮筋腫もいくつか種類があります

筋腫はどのように育っていくかによっていくつかの種類に分けられており、それによってあらわれる自覚症状も変わってきます。

筋層内筋腫

発生の頻度が高いとされる「筋層内筋腫」は、子宮の筋肉の中で筋腫が大きくなっていくタイプの子宮筋腫です。
筋層内筋腫になった場合、筋腫が大きくなるにつれて当然子宮の内側の子宮内膜は引き伸ばされていきます。
そのため月経痛や月経量の増加といった症状が現れます。

粘膜下筋腫

粘膜下筋腫」は子宮の内側に向かって筋腫が大きくなっていくタイプの子宮筋腫であり、一番症状が強く現れると言われています
筋腫が小さくても出血しやすいため、月経量の増加や不正出血などの症状が現れます。
また子宮の内側に筋腫が成長していくために、子宮筋腫の中でも特に妊娠しにくくなると言われています。

しょう膜下筋腫

しょう膜下筋腫」は子宮の外側に向かって筋腫が成長していくタイプの子宮筋腫です。
このタイプの子宮筋腫は最も自覚症状が少なく、かなり大きくなるまで自覚症状が現れないことも珍しくありません。
時には筋腫が1~2㎏ほどの大きさになってしまっていることもあります。
たとえ外から触れてしこりのような大きさがあっても、月経痛などの辛い症状がないがために見過ごされてしまうこともあるようです。

このように子宮筋腫の種類によっては自覚症状が強く現れるものもあります。
しかし筋腫の成長がゆっくりしていると、自覚症状が出にくいこともあります。

そのため下腹部のふくらみがあったとしても「太ったかな?」と思って済ましてしまったり、月経量が多くても「自分はそういう体質だから」と思い込んでしまうこともよくあります。

しかし放置しておくと、若い女性であれば不妊になってしまったり時には緊急手術が必要になるほどの状態になってしまうこともあります。

通常の病気とは違い、子宮筋腫は見つかったからといって早急に治療が必要な病気ではありません。
しかし不正出血による貧血や激しい月経痛など、自覚症状がある場合には筋腫の状態がどうであれ治療をすることが大切です。

またたとえ自覚症状がなかったとしても、筋腫がかなり大きい場合も治療を考える必要があるでしょう。
月経痛や不正出血などの症状がなくても、筋腫が大きくなることで他の臓器を圧迫して体に支障をきたすこともあります。

子宮筋腫自体は良性であることはほとんどとは言え、時に急激に大きくなったものは悪性腫瘍である可能性も否定できません。
そのため子宮筋腫が見つかった場合は経過に注意しながら医師と十分相談して治療を進めることが大切だと言えるでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ