みなさんは子宮腺筋症という病名を聞いたことがあるでしょうか?

子宮内膜症や子宮筋腫という病気に比べると比較的知られていない病気であり、聞いたことがないという人もいるかもしれません。

この病気は特に近年若い女性に増加している病気であり、子宮内膜症と同様、放置していても良くなることはなく、どんどん悪化してしまうという特徴があります。

子宮腺筋症とは、子宮の中の筋層に子宮内膜が入り込んで増殖してしまう病気のことを言います。

似たような病気としては子宮内膜症が挙げられますが、子宮内膜症は子宮内膜が子宮以外の様々な組織に増殖する病気であり、子宮の中だけに子宮内膜が増殖する子宮腺筋症とは少し異なります。

昔はこの子宮腺筋症は「内性子宮内膜症」とも呼ばれていましたが、現在では子宮腺筋症という1つの病名がついています。

30代後半の女性に特に多く見られますが、最近では20代の女性でも子宮腺筋症を患う人も増えてきています。
子宮筋腫や子宮内膜症などその他の子宮に関する病気と同じく、子宮腺筋症になるはっきりとした原因はまだわかっていません。

しかし冷えストレスなどが原因で免疫力が低下することなど、いろいろな要因が関係して起こると考えられています。
また、子宮腺筋症は女性ホルモンが分泌され続けている間は病状が悪化していきますが、閉経すると症状が軽くなることが多いため、女性ホルモンの分泌が関係しているとも考えられています。

この子宮腺筋症のもっと大きな自覚症状は、激しい月経痛です。

時には歩行困難になったり動けないほどの月経痛が起こることもあります。

その他にも下腹部痛や腰痛、月経量の増加による貧血なども子宮腺筋症の症状として挙げられます。

始めのうちは単なる月経痛だと思い、市販の鎮痛薬などを服用して痛みをしのぐこともあるでしょう。
しかし通常25歳を過ぎるころにもなれば、女性ホルモンのバランスも安定するため月経痛も治まってくることが多いのです。

このような時期に徐々に月経痛が酷くなる、もしくは月経量が増加するといった症状がある場合には、それはただの月経痛ではなく子宮腺筋症などの病気が潜んでいる可能性が考えられます。

子宮腺筋症は放置しておくとだんだん悪化し、最終的には月経以外の時にも激しい痛みを感じるようになります。
また流産や不妊症の原因にもなるということが分かっており、結婚後なかなか妊娠しないことで産婦人科を受診し初めて子宮腺筋症であることがわかったということも少なくありません。

子宮腺筋症はガンのような悪性の病気ではないため、命の危険があるわけではありません。
しかしなかなか治りにくい病気であり、再発の割合もかなり高いため長期に渡り女性を悩ませる病気であると言えるでしょう。

子宮腺筋症は子宮筋腫とも少し似ている部分があります。
どちらも子宮が大きくなる病気ですが、子宮筋腫は正常な子宮の部分と筋腫の部分とかはっきりと区別できます。
これに対して子宮腺筋症は病変した部位が子宮の筋肉に散らばったようにみられるという違いがあります。
エコー検査やMRI検査を行うことで、両者の区別をすることはできます。