手術や薬を頼らずに治療したい方へ

子宮筋腫や子宮内膜症を、薬を頼らずに治療したいと考えている方におすすめの情報です。
↓ ↓ ↓
子宮の病気は薬でもなかなか治らず、手術をしても再発することが多いと言われています。
しかし、きちんと自分の治癒力を高め、免疫力を高めれば自宅でも改善することができるのです。

私自信も子宮筋腫、激しい生理痛に悩まされていましたが、たった1か月で痛みが引き、子宮全摘出するしかないとまで言われていたのに子宮筋腫がほぼなくなり、妊娠までできたんです。生理の時も薬がなくても普通に生活できるようになり、本当にびっくりしました。

◆子宮筋腫・子宮内膜症・卵巣のう腫・子宮腺筋症を自宅で改善!!◆10年間苦しんできた生理痛が10日であっさり痛みがでなくなった魔法の方法

子宮腺筋症と妊娠の関係性について

子宮腺筋症は、何らかの原因で子宮内の筋層に子宮内膜が入り込んで増殖してしまう病気であり、近年若い女性の間でも急増している病気です。
特に若い女性の場合、これから妊娠や出産を控えているということもあり、「子宮腺筋症になると妊娠や出産ができなくなるのでは?」という不安を抱いている人も少なくないはずです。
子宮腺筋症になってしまった場合、妊娠や出産はできなくなるのでしょうか?

子宮腺筋症でも妊娠できるのか

結論から言えば、子宮腺筋症になったからと言って、必ず妊娠や出産やできなくなるというわけではありません。
子宮腺筋症があっても妊娠や出産をすることは可能です。

しかし子宮腺筋症になると、子宮が肥大しているため受精や着床が難しくなり、妊娠する確率はぐっと落ちてしまうことは確かです。

これは子宮腺筋症と同様に、子宮内膜が増殖して子宮が肥大してしまう子宮内膜症にも共通して言えることです。
特に子宮腺筋症は子宮内膜が子宮内の筋層にばらばらにちらばって埋め込まれているため病巣が広範囲であり、より妊娠しにくい子宮の状態になっていると言えます。

また妊娠しても流産しやすくなってしまうため、無事に出産できる確率は更に低くなります。

子宮腺筋症は女性ホルモンの分泌に大きく関係している病気であり、閉経までの間は月経を繰り返すたびに症状は悪化してしまうことが多いようです。
しかし子宮腺筋症だと診断されても、軽度の場合は定期的な検診で様子を見ながら自然妊娠することもある程度は可能ですから、これから妊娠や出産を希望している若い女性の場合はとくに早期発見・早期治療が大切だと言えます。

妊娠を望む際の子宮腺筋症の治療

手術では散らばった病巣すべてを切除することはなかなか難しいです。
しかしある程度病巣が子宮の一部に固まっている場合には、その部分だけをとりあえず切除してひどい子宮腺筋症の症状を改善するといった方法が取られることもあります。

手術によって子宮腺筋症の症状がある程度改善されれば妊娠しやすくなるということもありますので、手術に踏み切るかどうかは医師とよく相談をして決めることが大切です。

また薬によって子宮内の炎症をある程度抑えることでも妊娠はしやすくなります。
炎症を抑え子宮を肥大させないような状態を保つことで、妊娠できる可能性は高くなります。

子宮腺筋症でも妊娠はできる

このように子宮腺筋症は妊娠できないわけでなく、手術や薬によって妊娠できるような子宮の状態を保ってあげることで妊娠できる可能性を高めることができます。
しかし忘れてはならないことがあります。

それは、「妊娠したからと言って子宮腺筋症が完治したわけではない」ということです。

子宮腺筋症は子宮全体を切除しない限りは完治できない病気です。
子宮腺筋症は、1回目の妊娠と出産を終わった後に重症化してしまうことも少なくありません。

もしも重症化してしまっていた場合は、再び治療を行って妊娠できる状態にまで子宮を回復させてあげなければ、以後妊娠できなくなる可能性があります

そのため、子宮腺筋症だと診断され妊娠と出産を希望している場合には、たとえ妊娠でき無事に出産が終わった後でも継続的に症状を確認し、治療を続けていくことが大切です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ