手術や薬を頼らずに治療したい方へ

子宮筋腫や子宮内膜症を、薬を頼らずに治療したいと考えている方におすすめの情報です。
↓ ↓ ↓
子宮の病気は薬でもなかなか治らず、手術をしても再発することが多いと言われています。
しかし、きちんと自分の治癒力を高め、免疫力を高めれば自宅でも改善することができるのです。

私自信も子宮筋腫、激しい生理痛に悩まされていましたが、たった1か月で痛みが引き、子宮全摘出するしかないとまで言われていたのに子宮筋腫がほぼなくなり、妊娠までできたんです。生理の時も薬がなくても普通に生活できるようになり、本当にびっくりしました。

◆子宮筋腫・子宮内膜症・卵巣のう腫・子宮腺筋症を自宅で改善!!◆10年間苦しんできた生理痛が10日であっさり痛みがでなくなった魔法の方法

子宮腺筋症の治療にはピルが用いられることも

子宮腺筋症とは、子宮内部の筋層に子宮内膜の組織が入り込んでしまう病気であり、女性ホルモンの分泌が大きく関係しています。

子宮腺筋症は放置しておくとどんどん悪化してしまう病気であり、最終的には治療しても治らなくなってしまったり不妊症につながることもある恐ろしい病気です。

昔は30代後半の女性に好発していましたが、近年20代の若い女性にも多くみられるようになっており、特に大きな問題となっています。

子宮腺筋症の完治には子宮の全摘出が確実

子宮腺筋症を完治するために一番確実な治療法は手術により子宮を全て切除してしまう方法です。

しかし若い女性の場合はこれから妊娠や出産を控えているという人も少なくないため、子宮をすべて切除する治療法を行うことは少なくなっています。

最近では妊娠や出産を希望する女性には、病巣部分だけを切除して子宮自体は温存する手術が行われることもありますが、病巣だけを完全に取り除くことはなかなか難しく、再発してしまう危険性も高くなります

その他の治療法にピルを用いることも

その他の治療法としては薬物療法が行われますが、薬物療法の1つにピルが用いられることがあります。
ピルによる薬物療法は、子宮腺筋症を患った時にまず一番初めに取り組まれる治療です。

ピルにも色々な種類がありますが、子宮腺筋症の治療にはいわゆる避妊薬として一般的に用いられている低用量ピルが使われることが多いようです。

ピルにはホルモンの分泌を抑える働きがあり、下腹部痛や月経過多といった月経異常の症状を軽減する働きがあります。

しかし当然ながら薬には副作用があり、ピルの場合副作用として悪心不正出血などが現れることがあります。
また、高血圧症や肝機能の低下など他の疾患を抱えている場合や喫煙をしている場合には、ピルを服用することは禁止されています。

そして何より重要なことは、ピルによる薬物療法では子宮腺筋症を完治することはできないという点です。
ピルはあくまで子宮腺筋症に伴う症状を軽減するためのものであり、ひとたびピルの服用を中止してしまうと子宮腺筋症の症状は再び悪化してしまうのです。

そのためピルの服用はあくまでも治療の一部であり、子宮腺筋症の基本的な治療はまた別で行わなくてはいけません。
つまりピルによる子宮腺筋症の治療は、自分に合った治療法を見つけるまで一時的に症状を和らげてくれる一時しのぎの手段だということです。

またピルが子宮腺筋症に効果があるからと、安易に自己判断で服用することはよくありません。
逆にホルモンバランスを崩して症状が悪化してしまったり、副作用に悩まされてしまうこともあります。
ピルによる子宮腺筋症の治療は必ず医師と十分に相談をしたうえで、自分の体質も考慮しながら行うことが大切です。

中にはもともと避妊薬としてピルを使用していて、服用中に子宮腺筋症が見つかったという人もいると思います。
この場合、ピルを服用することで激しい月経痛などの子宮腺筋症の症状が軽減されているのかどうかをチェックしておくことも大切です。

もし軽減されていないようであれば、子宮腺筋症に対するピルの効果は薄いということになりますから、別のホルモン薬や外科的治療が必要になります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ