手術や薬を頼らずに治療したい方へ

子宮筋腫や子宮内膜症を、薬を頼らずに治療したいと考えている方におすすめの情報です。
↓ ↓ ↓
子宮の病気は薬でもなかなか治らず、手術をしても再発することが多いと言われています。
しかし、きちんと自分の治癒力を高め、免疫力を高めれば自宅でも改善することができるのです。

私自信も子宮筋腫、激しい生理痛に悩まされていましたが、たった1か月で痛みが引き、子宮全摘出するしかないとまで言われていたのに子宮筋腫がほぼなくなり、妊娠までできたんです。生理の時も薬がなくても普通に生活できるようになり、本当にびっくりしました。

◆子宮筋腫・子宮内膜症・卵巣のう腫・子宮腺筋症を自宅で改善!!◆10年間苦しんできた生理痛が10日であっさり痛みがでなくなった魔法の方法

激痛を伴うこともある子宮腺筋症

子宮腺筋症とは、子宮の筋肉の中に子宮内膜が増殖して子宮が腫れてしまう病気のことです。

この病気の主な症状としては、月経痛月経過多などがあります。
月経痛は時に激痛を伴うこともあるようです。

もちろん痛みには個人差がありますが、人によっては陣痛の痛みよりも子宮腺筋症による月経時の痛みのほうが強いと感じる人、中にはあまりの激痛に失神してしまう人もいるようです。
このような激痛が月経のたびに起こるわけですから、子宮腺筋症という病気は肉体的にも精神的にも非常にダメージを与える病気だと言えます。

子宮腺筋症だと診断されても症状が軽い場合には、定期検診だけで様子を見ることもあります。
しかし子宮腺筋症を患っている人は激しい月経痛を訴えていることが多いため、まずは痛みどめの飲み薬を服用して症状が改善されるのかどうかをチェックしていきます。

また内診やエコー検査を行い、子宮内膜症や子宮筋腫などその他の疾患が合併していないかどうかを調べます。
特に子宮内膜症は子宮腺筋症と合併して起こっていることも多く、合併していることで月経時により激痛が起こるとされています。

症状がかなり強い場合や、子宮の腫れが徐々にひどくなっている場合には子宮腺筋症自体の治療を行っていきます。

完治は難しい子宮腺筋症

治療法は症状の程度や子宮の腫れ具合、さらには今後妊娠や出産を機能するかどうかによっても変わってきます。
少し前までの治療法としては、子宮を全摘する手術がよく行われていました。

というのも、これまでは子宮腺筋症の好発年齢が30代後半というある程度高齢であったため、すでに妊娠・出産を何度か経験していたり閉経が近いなど、子宮を摘出してしまってもさほど問題がないケースが多かったのです。

しかし最近では20代のうちから子宮腺筋症にかかる人も少なくなく、子宮を全摘してしまうことは今後の妊娠や出産をあきらめなければならないという大きなリスクを伴ってしまいます。

そのため最近は子宮腺筋症になっても、妊娠や出産を希望する人を対象とした新しい治療法が確立されつつあります。
手術でも子宮を全摘しない方法はありますが、どうしても病巣を完全に取り除くことができなかったり一部の限られた病院でしか手術を受けることができないなど、なかなか100%満足のできるものはまだないようです

薬物による治療では、女性ホルモンの分泌量を少なくすることで体を閉経の状態に近づけ子宮腺筋症の縮小を図るという方法をとります。
しかし更年期前の女性の場合は、治療後に再び腺筋症が増大してしまうことも多く、あくまで子宮腺筋症を一時的に抑えるだけの治療にとどまっています。

子宮腺筋症は早めの治療を

子宮腺筋症は放置しておくとどんどん悪化してしまう病気であり、最終的には治療しても直りにくくなったり再発しやすくなってしまいます。
そのため特に若い女性の場合は、早期受診と早期診断、早期治療というのが一番大切なことだと言えます。
思い月経痛や月経過多、貧血などの症状がある25歳以上の女性は、なるべく早めに婦人科を受診し検査を受けることをお勧めします。
初期段階で子宮腺筋症を発見できれば、それだけ早い段階で治療ができ悪化を防ぐことができます。
また妊娠すると、ホルモンバランスの変化から子宮腺筋症は改善したり治ることがよくあります。
つまり妊娠は子宮腺筋症の治療方法として副作用もない、最も安全な治療方法だと言えるのです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ