手術や薬を頼らずに治療したい方へ

子宮筋腫や子宮内膜症を、薬を頼らずに治療したいと考えている方におすすめの情報です。
↓ ↓ ↓
子宮の病気は薬でもなかなか治らず、手術をしても再発することが多いと言われています。
しかし、きちんと自分の治癒力を高め、免疫力を高めれば自宅でも改善することができるのです。

私自信も子宮筋腫、激しい生理痛に悩まされていましたが、たった1か月で痛みが引き、子宮全摘出するしかないとまで言われていたのに子宮筋腫がほぼなくなり、妊娠までできたんです。生理の時も薬がなくても普通に生活できるようになり、本当にびっくりしました。

◆子宮筋腫・子宮内膜症・卵巣のう腫・子宮腺筋症を自宅で改善!!◆10年間苦しんできた生理痛が10日であっさり痛みがでなくなった魔法の方法

子宮腺筋症の手術について

子宮腺筋症は、子宮の筋層に子宮内膜が入り込んでしまう病気であり、放っておくとどんどん悪化の一途をたどります。

そのため子宮腺筋症だと診断された場合には、必ず治療をすることが大切です。

子宮腺筋症の治療方針は、その症状の程度や子宮の腫れ具合、さらには今後妊娠・出産の希望があるのかどうかによって大きく変わってきます。

症状がさほど重くない初期段階の場合、ひどい月経痛抑える目的で鎮痛薬を用いて様子を見たり、子宮腺筋症の原因となる女性ホルモンの分泌を抑える薬を用いたホルモン療法を行っていきます。

しかし症状が重く、薬だけでは症状が抑えられないという場合には、やはり手術療法が中心となります。

少し前までは、子宮腺筋症の手術と言えば子宮をすべて取り除く全摘手術が一般的でした。
それは、これまで子宮腺筋症が30代後半以降の女性に多く見られ、子宮を摘出しても差し支えないという事情があったためです。

しかし最近では若い女性の間でも子宮腺筋症にかかる割合が非常に多くなっていることから、今後の出産や妊娠の必要性を考え、子宮腺筋症を起こしている部位だけを取り除く核出手術が行われることも多くなってきました。

ただし子宮腺筋症は病巣が散らばっていることが多く、なかなかすべての病巣を取り切ることは難しいようです。
更には手術を行っている病院も限られているため、まだまだ開発途上の手術方法だと言えます。

また以前は開腹手術が行われることも多くありましたが、子宮腺筋症は子宮内膜症や子宮筋腫と合併して起こっていることが多く、最近は腹腔鏡手術が行われるのが一般的となっています。

腹腔鏡手術による子宮腺筋症の手術は「腹腔鏡下子宮腺筋症核出術」と呼ばれており、子宮腺筋症がある程度限局して起こっている場合に可能となります。

手術の手順は子宮筋腫を核出する場合と同様ですが、子宮腺筋症の場合子宮筋層の中にまで子宮内膜が入り込んでいるため、その部分の子宮筋層まで切除しなくてはならず、縫合修復するのがより難しいとされています。

腹腔鏡手術でのメリットとしては、お腹に1㎝前後の小さな穴を複数あけるだけで手術ができるため、痛みが少ないのはもちろんのこと、術後の回復も早く子宮が外にさらされることもないため傷がつきにくいという点が挙げられます。

しかし反対にデメリットもあります。
手術操作が難しいため、症状によっては手術にかなりの時間を要したり、術後きちんと修復しておかなければ将来妊娠・出産をした時に子宮が破裂してしまう危険性があります。

閉経が間近であったり、この先妊娠や出産を希望していない場合には子宮全摘手術が行われますが、最近では子宮全摘手術も腹腔鏡手術で行われることが多くなっています。

腹腔鏡下で開腹手術と同様の手術操作を行い、子宮を摘出していきます。
子宮は膣から回収したり、分割してお腹にあけた穴から取り出していきます。

子宮の回収を除くすべてを腹腔鏡で行う手術は「全腹腔鏡下子宮全摘術」と呼ばれ、出血量も少なく安全であるほか痛みも少ないため、術後の回復もその分早くなります。

ただしこうした腹腔鏡手術は大変難しい手術であり、熟練した医師による施術が大前提となります。
どこの病院でも受けられるというわけでもありませんから、腹腔鏡手術による子宮腺筋症の治療を希望する場合は、どこの病院でなら安全に腹腔鏡手術をうけられるのか、またメリットとデメリットについても医師に十分な説明を受け、納得したうえで決めることが大切です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ