子宮腺筋症は、子宮内膜が子宮の筋肉の中で増殖してしまう病気のことを言います。
同様に子宮内膜が増殖する病気として子宮内膜症があり、中には混同して考えている人もいるかもしれませんがこの2つには明らかな違いがあります。

子宮内膜症とは子宮内膜が卵巣や腹膜、腸など子宮以外の場所や臓器でも増殖しますが、子宮腺筋症は子宮の中だけでしか増殖しません
そのため子宮腺筋症は症状が進んでいくうちに子宮筋層が厚く固くなり、子宮の大きさ自体も肥大化していくという特徴があります。

子宮腺筋症の主な症状は月経困難症と月経過多

子宮腺筋症の主な症状は月経困難症月経過多が挙げられます。
月経困難症とはいわゆる生理痛であり、生理の時に感じる下腹部痛や腰痛といった症状のことです。

生理痛自体は多くの人が感じるものであり、それ自体は異常ではなく「原発性月経困難症」と言われることもあります。
しかし鎮痛剤を服用しなければ日常生活がままならない、もしくは鎮痛薬を服用しても効かないなどの激しい痛みを感じている場合、これを器質的月経困難症と言います。

器質的月経困難症は子宮などに疾患があることが原因で起こる激しい生理痛であり、この場合根本にある病巣が治らない限りは症状は改善しません。

先にも述べたとおり、子宮腺筋症は子宮内に子宮内膜が増殖して子宮筋層が固く肥大化していくため、子宮が収縮不全を起こし重度の月経痛や月経過多の症状が現れるのです。
月経時の痛みと月経過多は子宮腺筋症の症状に比例して悪化していくことも分かっています。

月経の時に出血量が多くなると当然貧血も起こるようになります。
貧血は女性がなりやすい疾患の1つであり、栄養バランスの乱れやストレス、急激なダイエットなど月経過多以外の要因でも起こりがちな疾患です。
貧血になるとめまいや立ちくらみが起こることはもちろんのこと、ひどくなると息切れや吐き気など様々な症状が現れます。

症状は子宮内膜症や子宮筋腫よりも重度

一般的に子宮腺筋症の生理痛は子宮内膜症よりも重度であり、月経過多は子宮筋腫よりも重度であるともいわれており、いかにこの子宮腺筋症の症状が辛いものであるかが分かると思います。

治療法としては症状が軽ければ鎮痛剤などの服用をするだけで様子を見るほか、女性ホルモンの分泌を抑えることを目的とした薬物療法を行っていきます。
しかし子宮腺筋症は月経の回数を重ねるごとに悪化していく病気であるため、最終的には手術が行われることが少なくありません。
子宮腺筋症は病巣が子宮全体に広がっていることが多いこともあり、再発を防ぐためにも子宮をすべて摘出するのが望ましい方法です。

しかし近年若い女性の間で子宮腺筋症が増加しており、患者の中には将来的に妊娠・出産を望むという人はたくさんいます。
そのため最近では病巣部分だけを取り除く温存療法が行われることも多いようですが、病巣を完全に取り除くことはなかなか難しく再発のリスクもかなり高いため、まだ発展途上であると言えます。
どのような治療方針で治療を行うかは年齢や妊娠の希望の有無など、人によって違ってきます。
子宮腺筋症が見つかったら、医師と相談しながら自分に合った治療法で早めに治療を進めることが大切です。